コーンフラワーでタコスの皮が作れるか?

最近、皮についての問い合わせが多くなってきて、手づくりしようという人が増えてきたんだなぁと感心している。 ただ、Amazonでコーンフラワーを買って、タコスの皮を作ろうと思ったけど、水を入れて練ってもばらばらでまとまらなくて、無理だったという話を良く聞く。

 

結論から言うと確かに無理。 つなぎを入れないといけないので、コーンフラワーに小麦粉を入れれば何とかなると思う。 ただ、グルテンフリーでつくりたい、とうもろこし100%でという人が多いので難しいね。

 

メキシコから輸入のMasecaというとうもろこしの粉をサンプルでもらって作ってみた。 昔メキシコのスーパーで買って、作ってみた記憶はあるけど、味については覚えていない。 印象に残っていない。 でも、日本ではレストランでけっこう売れているらしい。

 

粉に水を入れながらこねていくと、まとまりが良く、やりやすい。 ビニールにはさんで延ばして、焼いてみる。つなぎもしっかりしていて、フライパンにのせるのにそれほど苦労しなくて良い感じ。 できあがりもふぁっとして、やわらかい。 

 

タコス鈴木の皮のようにコーンの風味ともちもち感は全くないけど、かたくなりにくい点では圧倒的にこちらが上で、日頃からどうやってかたくならないようにとしようと苦心している身としてはうらやましい。 味的には皮だけ食べると厳しいけど、具をはさめば気にならないんじゃないかなぁ。 手軽に作りたい人にとって、扱いやすい点では業務用に売れているのはわかる気がする。

 

マサの粉

マサで皮

 

次回はタコス鈴木が長年使っている粉について説明しようかなと思う。

 

 

 

 

 


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
書いた記事数:349
最後に更新した日:2018/03/11

recent trackback

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM